猫の眼球摘出

2019年10月12日

今回は眼球摘出術についてご説明させていただきます。
眼球摘出術は名前の通り、眼球を取り除く手術になります。これを聞くと痛々しい気分になる方が多いかと思います。私も眼科医としてはなるべく眼球を温存してあげることを目指すのですが、時には必要になってくることもあります。今回は眼球摘出術が適応になる場合と、実際手術を行った症例をご紹介させていただきます。
眼球摘出術が適応となる場合としては、末期の緑内障があげられます。緑内障は眼圧が上昇することで、視覚を失ってしまう疾患になります。また眼圧が上昇することで強い痛みが生じるため、目をしょぼしょぼさせたり、目やにが多くなることがあります。痛みが強い場合には、食欲が落ちたり元気がなくなります。目薬で眼圧を下げることで痛みが軽減され、視覚が維持できることもありますが、眼圧が長時間上昇していた場合は、視覚を失って回復が困難なこともあります。また眼圧が高い状態が続くと神経が麻痺してしまい、痛みが少し和らぐことがあります。しかし痛みは消えることはないため、軽い頭痛のような状態が続いていると考えられます。既に視覚を失ってしまい、痛みが続いていると考えられる時には痛みを取り除いてあげるため、眼球摘出術が適応となります。また緑内障の場合には、眼球の中身だけを取り替えるような眼内シリコン義眼挿入術も適応となります。今回は眼球摘出術のご紹介のため、詳細は割愛します。
他にも眼球摘出術が適応になる場合として、目の癌が挙げられます。目の癌の場合は、視覚を失っていなかったとしても、今後転移などによって命に関わるような場合は眼球摘出術が勧められることもあります。しかしすべての目の癌が全身に転移するような悪性のものではありませんので、目の癌が疑わしい場合は一度獣医師に相談してください。
今回の症例は緑内障や癌ではないのですが、眼球摘出に至ったため、ご紹介させていただきます。

症例
雄猫、年齢不明、野外にいたのを保護され、当院に来院。

経過は不明ですが両眼とも失明していて、右目は眼球が拡張しており、左目は萎縮し眼球が小さくなっています。眼圧上昇や眼内腫瘍もみられないため、おそらく先天的な問題や発育異常が原因だと考えられます。
症例自身は痛みを感じているようなことはありませんでしたが、右目の眼球は拡張して角膜が重度に菲薄化していたため、穿孔する可能性がありました。そのため今後角膜穿孔によって痛みや感染が生じないよう、眼球摘出術を検討いたしました。また左目も眼球が小さくなることで瞼が内反し、眼球を刺激することで目ヤニが出ていました。そのため今後問題が起きないよう、両眼の眼球摘出術を実施することと致しました。

手術の写真は割愛させて頂きますが、手術後も元気な状態でした。そして里親も無事見つかり退院していきました。

こちらが手術後の写真になります。手術前より顔貌は良くなっているのではないでしょうか。またとても人懐っこい症例のため、病院スタッフ全員に愛されており、里親さんのもとでもとても幸せに暮らしているようです。

なぜ今回眼球摘出術を紹介させて頂いたかというと、眼球摘出術を選択肢としてご提案すると見た目が変わることに悩まれる飼い主さんが多いためです。もちろん自分の愛犬・愛猫の目がなくなってしまうことを考えると、とても抵抗があるとは思います。しかし眼球摘出をしてあげることで痛みが取れてより元気になる場合や、癌による転移の心配がなくなる場合がある、ということも知って頂きたいと思っています。その子にとって何が一番大事であるのか、痛みなく過ごすことなのか、それともなるべく麻酔がないようにしてあげることなのか。考え方は人それぞれではあると思いますが、よりよい選択をして頂きたいと思い、今回症例としてご紹介させて頂きました。もちろん見た目を温存する方法として前述した眼内シリコン義眼挿入術もあります。そのため、手術をしたほうがよいのか、手術をしないとどうなるのか、また手術の方法についてメリット・デメリットがどのようなものなのかについて知りたい方は、一度病院の方に来院されてご相談下さい。

獣医師 小松

犬のぶどう膜炎

2019年07月26日

今回は犬のぶどう膜炎について解説致します。
まず最初にぶどう膜とは「虹彩」・「毛様体」・「脈絡膜」を合わせた部位であり、その名の通り葡萄の皮のような色合いをしています。ぶどう膜は血管が豊富な組織であり、目に必要な栄養を供給する役割をしています。また全身の血液から目に有害な物質が入らないよう「関門」としての役割もあるとても大事な組織です。今回はそのぶどう膜に炎症が起こった際に見られる症状と実際にぶどう膜炎が見られた症例について解説致します。

症例
ミニチュアシュナウザーの1例
主訴:右眼をしょぼしょぼしている。同居犬の爪が当たってしまったかもしれない。
眼科検査所見
右眼の毛様充血、縮瞳、中程度の前房フレア、眼圧値正常、水晶体異常なし。眼超音波検査においても明らかな眼内腫瘤や網膜剥離はみられない。

左の写真では瞬膜の突出がみられており、右の写真では角膜と虹彩の間にある前房が白く混濁して見られます。下の右の図では反対の炎症が起こっていない眼ですが、前房が黒く写っています。前房は眼房水という透明な液体で満たされているため、光を当てても反射に影響しないため黒く写ります。しかし眼の中に炎症が生じると眼房水に炎症細胞などが浮遊するため光を反射し白く混濁してみられます。

これらの所見から、右眼のぶどう膜炎が生じていることがわかりました。そこでぶどう膜炎を起こす原因について考えなければいけないのですが

ぶどう膜炎の原因はこのように様々な原因によって起こります。そのため一つ一つ原因になりうる疾患を除外しながら、治療を考えなければいけません。
今回の症例では外傷性が疑われますが、明らかな外傷の痕跡がみられないため特発性の可能性も考えられます。
治療としては炎症を抑える点眼を使用して、2日後に様子を見ることに致しました。
2日後には症状がだいぶ軽減されたようですが、まだ炎症は残っていました。

左の写真では炎症が軽減し疼痛が取れたため、瞬膜の突出や縮瞳が改善されていました。しかし前房フレアは残存しており、右の写真では角膜と水晶体の間に炎症細胞が白い粒のように確認できます。
点眼を継続しながら、徐々に回数を減らして様子を定期的に観察したところ、1ヶ月後には炎症もみられなかったため治療を終了としました。
今回の症例では点眼に対する反応もよく無事に治癒することができましたが、ぶどう膜炎は悪化すると緑内障や白内障、網膜剥離といった失明に至る疾患を併発する可能性があるため、早期の発見と治療がとても重要になります。そのため「眼をしょぼしょぼしている」・「白目が赤い」・「黒目が白っぽい」などの症状がみられた場合は、早めに病院に来て頂くことをお勧めします。

獣医師 小松

眼の違和感

2019年04月15日

数日前から右目のまばたきが多いことがあり、時々右目が
小さくなっていることがある、ということで来院された、シーズーです。
シーズーは眼のトラブルが多い犬種のひとつです。
この子も、今までに眼の表面に傷がついて治療をしたことがありました。

初回の診察では、涙は多いものの充血は軽度、傷も見られなかったので抗生物質の点眼をしながら様子を見ることにしました。
その後、悪化することはないもののやはり眼の違和感が続いているということで再度、診察となりました。 

 
  
やはり充血は軽度で、表面上は傷も認められませんでした。


   
しかし上のまぶたをめくると、小さなできものが見つかりました。
できものから、分泌物がでているように見えます。
このしこりが眼にあたり、違和感を生じさせているのではないかということで、検査も兼ね切開することにしました。
とても大人しくできたので、眼の表面麻酔点眼のみで切開、内容物の除去を行えました。 

 
    
切開すると中からにゅるにゅると分泌物が出てきて、
最終的にはこんなに平らになりました。


    

今回のしこりは、おそらくマイボーム腺という眼の潤いに必要な分泌物を出している腺がつまってしまったものだと思われます。
犬の眼のトラブルとしては決して珍しいものではありませんが、多くは瞼の上に、わかりやすいしこりとしてできます。
今回の様な瞼の裏にできることは珍しいので無事に発見、切除できてよかったですが、今後再発に注意が必要になります。

獣医師 湯藤

犬の角膜内皮障害による角膜浮腫

2019年04月07日

うちの子の目が白くなってきている。白内障になっていませんか?というご相談を受けることがよくあります。そこで今回は「目が白い」症例についてご説明したいと思います。

「目が白い」と言っても、目のどこが白いのかによって問題が異なってきます。そこでまずは目の構造についてご説明致します。物を見る際は、光が「角膜」「前房」「水晶体」「硝子体」を通過し、網膜で光を感じ取り脳へ電気信号が送られます。各組織は光が通過しやすいように、どの組織も透明性を保っています。そのどこかが白く濁ることで、「目が白い」となります。

今回の症例はは最近「目が白い」との事で、診察に来られました。眼科検査の結果、白い濁りは「角膜」にあり、角膜浮腫を起こしている事がわかりました。

角膜にある角膜内皮細胞には、栄養を供給するために角膜に眼房水を出し入れする機能があります。この角膜内皮細胞の機能が落ちる事で、角膜の水分を角膜の外に出す事が出来なくなり、角膜浮腫が起こります。角膜浮腫が起こると角膜の透明性がなくなり、白く濁ってしまいます。また浮腫を起こした角膜は傷が治りにくく、治療が長引く事もあります。
一度壊れてしまった角膜内皮細胞は基本的には再生しません。そのため、治療の一つとして角膜の状態を良くする目薬を続けていく事が勧められます。この症例では半年ほど目薬での治療をしていますが、今の所大きな問題を起こしていません。しっかり目薬をしているおかげかもしれませんね。
このように「目が白い」と言っても様々な問題が考えられます。そのため、目の白さに気付かれた場合は診察の際にご相談ください。

獣医師 小松