椎間板ヘルニア

2019年06月17日

椎間板ヘルニアはダックスフントなどの胴長犬種に多い疾患です。椎間板の突出が脊髄を圧迫すると、突然麻痺がおき歩けなくなってしまいます。治療には、薬による内科的療法や手術などがあり、麻痺の程度によって使い分けをしています。手術をせずに回復する症例もかなり多く、昨年我々が学会発表したデータでは、従来のものよりかなり多くの症例で手術なしでも歩けるようになることが証明されました。
 しかし、麻痺が深刻な症例では、手術の方が回復率が高いことには変わりはありません。当院では、丁寧なインフォームドコンセントをさせていただき、手術か内科的治療かを選択しています。

今回は手術を選択した症例の紹介です。

椎間板ヘルニアは、この写真のように元気な子が、突然、四肢の麻痺を起こし動けなくなってしまう、恐ろしい疾患です。椎間板物質が飛び出ることが原因ですが、通常のレントゲンでは判断のつかないことがほとんどです。そこで造影剤を使いCTを撮ることではっきりと診断をつけることができます。

この画像はCTに写った椎間板物質を三方向から見ています。
このように造影剤を使用したCT撮影により、手術部位を的確に見つけることができます。     
手術は背骨に小さな穴をあけて、椎間板物質を取り出します。

このように、きれいに脊髄が見えれば、圧迫は解除されています。

多くの症例において、手術後は2週間から数か月で元のように走り回れるようになります。しかし、圧迫の程度と麻痺からの時間の経過によっては、10%程度の子が手術をしても完治しません。
椎間板ヘルニアは麻痺がおこってから治療までの時間と、症例にあった適切な治療方針が重要となる疾患です。
少しでも異常を感じたら、ぜひ当院へご相談ください。

獣医師 松倉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です